虫歯とキシリトール

ホームへ戻る >  軟水  > 虫歯とキシリトール

キシリトールに注目が集まっています。北欧の人たちは日本人に比べてずっと虫歯が少ないといわれています。高齢になっても自分の歯を多く残している人も多く、健康的な口内環境を保っているといいます。その理由のひとつにキシリトールの積極的な活用が挙げられているのです。歯科でもこのキシリトールへの関心が高まっており、歯科医院で推奨されるケースも見られます。


キシリトールとは甘味料の一種です。プラムやベリーなどに含まれているほか、とうもろこしの茎などからも人工的に作ることができます。この甘味料の最大のポイントは虫歯の原因となるミュータンス菌に酸を作らせない点にあります。

歯科 川越市
http://www.klukka-dc.com/

虫歯はミュータンス菌が食べ物に含まれている糖分をエサにして活動を活発化させることによって生じます。このエサを分解する過程で酸が作られ、これが歯を溶かしてしまうのです。しかしキシリトールはミュータンス菌に分解されても酸が作られないため、虫歯の直接の原因にならないのです。


理屈からいえば糖分をすべてキシリトールでまかなうことにすれば虫歯にならないのです。もちろん、そういうわけにはいきませんが、日々の生活の中でキシリトールをうまく活用すれば虫歯になりにくい状態にすることができます。


現在ではキシリトールを含んだ歯磨きやガムなどが多数売られるようになっており、日々の口腔ケアに手軽に役立てられる環境にあります。歯科でキシリトールを使用した製品が売られていることもあるので一度歯科医に相談してみてはいかがでしょうか。

クルーカ歯科医院ならこちら
http://www.klukka-dc.com/