賃貸物件と方角について

ホームへ戻る >  矯正のお値段  > 賃貸物件と方角について

賃貸物件の方角は非常に重要なポイントとなっています。日当たりがよいかどうか、風通しがよいかどうかで居住環境が大きく異なってくるからです。方角に関しては建物の立地条件だけでなく、部屋の位置にも配慮する必要があります。


賃貸を探す際に理想と言われているのが南向き。日当たりがもっともよく、理想的な環境と言われてます。賃貸情報をチェックする際にまず南向きかどうかに意識を向ける人も多いのではないでしょうか。ただ、目の前に建物があって日差しがさえぎられるようなことがないかどうかに注意する必要があります。また、確かに日のあたり時間が長いものの、ピークは午前10時頃から午後2時くらいまで。この時間帯に家にいるかどうか、日差しを浴びるメリットを得られるかどうかもポイントです。

それから東向き。南向きに次いで人気の高いタイプです。最大のメリットは朝の日差しをたっぷり浴びることができる点。健康的で爽やかな朝を迎えることができるでしょう。昼間は家にいないサラリーマンにとっては最適な方角といえるかもしれません。


一方、あまり人気がないのが西と北。西向きは西日の問題、とくに夏場の暑さが大きなネックとなります。一方北向きは日当たりが悪く、とくに冬場が寒い、あるいは湿度が高いといった問題があります。ただ、昼と夜が逆転した生活を送っている人にとっては逆にこちらの方が暮らしやすい面もあります。


賃貸物件を探す際にはそれぞれのメリット、デメリットと自分の生活環境を照らし合わせたうえで最終的な判断を下すことが求められるのです。もちろん、実際に現場に赴いて、日のあたり具合などを確認することも忘れてはならないでしょう。