見えない矯正の種類

ホームへ戻る >  矯正のお値段  > 見えない矯正の種類

見えない矯正とはどんな治療法でどんな種類があるのかを説明してみましょう。矯正は大きくわけて見える矯正と見えない矯正に分かれ、見えない矯正の中でも見え辛いものと見えないものに分かれているとイメージしてください。見え辛い矯正とはマウスピース型のものとワイヤーとブラケットで行うものの二種類があり、マウスピースは歯にかぶせるタイプですが、透明色で薄いのでぱっと見た程度ではつけていることがわかりません。


ワイヤーとブラケットタイプのものは、それぞれの素材が透明や白い色で作られているものがあるため、その組み合わせによってはかなり見えない矯正に近づけるものといえます。例えばセラミックブラケットやプラスティックブラケットはかなり歯に近い色をしているので目立たないのですが、ワイヤーが金属色をしていると結局人に気付かれてしまいます。ワイヤーとブラケットの場合は両方がクリア色か白色のホワイトブラケットなどであれば、見えない矯正といってもいいくらい目立ち辛いものとなっています。

このような矯正装置自体が目立ち辛い色でできているものの難点は、着色する可能性があるということで、カレーなどの色素の強いものを食べる時には注意が必要です。

このような難点がなく、一番見えない矯正とされているのは歯の裏側に装置をつけて矯正をする「裏側矯正」です。これはワイヤーとブラケットを歯の裏につけて矯正を行っていく治療法で、歯の裏にあるため近くから見ても気付かれにくい矯正方法です。見えないという観点で考えるならば裏側矯正が一番有効だと思われます。