矯正のお値段

ホームへ戻る > 矯正のお値段

見えない矯正の種類
注文住宅の備え 火災保険・地震保険 2
注文住宅の備え 火災保険・地震保険 3
賃貸物件と方角について
飲料水通販は水の質に注意

日本でも、最近は歯の矯正治療をする人がかなり増えてきました。ただ単に審美目的で治療を受ける人もいますが、叢生(乱ぐい、八重歯)や上顎前突(出っ歯)、下顎前突(受け口)、開咬、顎変形症、両突歯列などといったトラブルで悩んでいる人にも矯正は非常に効果的です。「矯正は高い」というイメージも一般にはあるようですが、長い目で見ればそれほど高いものではありませんから、勇気を出して専門医に相談してみることをおすすめします。


歯の矯正治療に使用される装置の中でも最もポピュラーなものが、「ブラケット」と「ワイヤー」です。ブラケットの材料としては金属、あるいはセラミックやプラスチックがあります。金属は費用が比較的安いけれど目立ちやすいという特徴があり、プラスチックやセラミックの場合は装着中もほとんど目立たないというメリットがありますが、それだけ費用が高くなったり、治療期間が長引くといったデメリットがあることも確かです。

ワイヤーには通常、金属が使用されていますが、目立たない白いワイヤーが使われることもあります。金属製ブラケットを使用した場合の矯正費用は70~90万円程度が相場となっています。これに対して、プラスチックやセラミック製のブラケットでの治療を受けると、費用は80~100万円程度がだいたいの目安です。どちらがいいかは個人個人の判断ですから、説明をよく受けて、後悔のないブラケット選びをしたいものです。