歯のホワイトニングとは

ホームへ戻る >  水の配達サービスで人気のある味  > 歯のホワイトニングとは

歯のホワイトニングとは、生活習慣などによって歯の表面に付着した色素を落とすこと、歯の中の色素によって歯が黒ずんでしまっている歯を白くすることを言います。


ホワイトニングは、1989年にアメリカで実用化された技術です。医療分野では、歴史が深い分野とは言えません。しかし、ホワイトニング技術は日々進化しています。当初の技術では、既存の歯を削る・差し歯に変える、といったものでした。現在では、そのような施術をすることはありません。レーザー治療やマウスピースを使用する方法が主流です。現代の歯科分野には、『8020運動』があります。80歳で20本の自分の歯を持とう、という運動です。従って、歯を抜くという治療方法は、一般歯科でも積極的には行いません。一般的にホワイトニングは、審美歯科の分野になります。

歯の色には、元々個人差があります。その為、ホワイトニングの効果にも個人差が出てきます。施術後、白い歯がずっと維持できるわけではありません。早い人では、半年で元の色見に戻ってしまう人もいます。施術後のケアは、とても大事になります。食生活も見直す必要が出てくる場合もあります。


白い歯は、魅力的と言われています。特に、笑ったときに白い歯が覗くのが魅力的と感じる人が多くいます。年齢と共に歯は黄ばんでくるのは異常なことではありません。しかし、普段から歯のケアをしっかりしている人とそうでない人では、もちろん差が出てきます。自ら歯を汚くする人はいませんが、ケアをしっかりしている人とそうでない人とでは、歯の白さに差が出てくるのは当たり前の現象です。