どういう一戸建てを建てるか

ホームへ戻る >  水の配達サービスで人気のある味  > どういう一戸建てを建てるか

一戸建ての住居を建てる場合、まずなによりも最初に「どういう家を建てたいか」という理想と希望を明確にすることが大切です。例えば部屋はどれくらいの数が欲しいか、家全体の大きさはどうか、外観デザインはどういったものか、こうしたイメージは将来性も含めて家族間で話し合いましょう。「将来性まで考える」ということが大事で、あとになって大幅な修理やリフォームが必要にならないように設計する必要があります。女性にとってはキッチンスペースや収納スペースといったものが気になると思いますし、子供がすでにいる場合は子供部屋をいくつ作るかということも問題として出てくるはずです。この段階では詳細を詰める必要はありませんが、しかし家族間で希望の設計デザインをある程度大雑把でもまとめておくとあとでトラブルになりにくいでしょう。

一戸建て建築が多く立ち並ぶ地域では、土地面積とほぼ同じ程度の延べ床面積で建設することが多くなります。120㎡の土地面積があれば、延べ床面積も120㎡に近いものにできるということです。場合によっては、敷地面積の数倍の延べ床面積で建設が可能になる場合もあります。延べ床面積が増えれば、それだけ内部の設計も大幅に変わってきます。このあたりは設計士と相談することになります。一戸建て住居では内部だけでなく外観デザインも大切で、見た目が和風のもの、洋風なもの、モダンなもの、前衛的なものなど、様々に選択肢があります。どういう外観の一戸建てにするかも家族間で話し合って決めてみて下さい。