PMSに有効な薬とは

ホームへ戻る >  ホワイトニングの効果と費用  > PMSに有効な薬とは

PMSは月経前症候群のことで、女性が月経の前になると体調不良や精神の不安定を感じる症状を指しています。月経前の辛さは女性の多くが経験し、悩んでいますが症状は一般的に排卵から月経開始の間に起こります。この毎月訪れる悩みを解決するのに用いられる代表的な治療薬をご紹介します。


経口避妊薬(ピル)は、服用することで排卵がされなくなり女性ホルモンの分泌が低下します。これにより月経前に起こるホルモン分泌の乱れを無くすることで、月経前症候群の症状を抑えてくれます。このピルは避妊薬ですので、妊娠を希望されている方などの使用には向いていません。

抗うつ剤の中でもSSRIという抗うつ剤は、脳内伝達物質のセロトニンに働きかける薬です。このセロトニンはPMSの症状にも大きく関わっているとされており、イライラする症状や集中力の低下などを引き起こしています。SSRIは従来の抗うつ剤に比べ副作用もなく服用しやすいのが特徴です。


抗不安定剤(精神安定剤)はPMSの中でも非常に多いとされている不安感、孤独感、緊張感やイライラするなどの精神的な症状を抑制するために用いられます。ただし、この薬には目まい、頭痛、吐き気、眠気などの副作用があるため医師にきちんと相談し医師の処方に従い正しく服用しなければなりません。


鎮痛剤は薬局などで簡単に入手でき、鎮痛剤を必要とする下腹部の痛みや腰の痛み、頭痛がひどいという症状でお悩みの方は大変多く、手軽にPMS対策出来る薬品としてお勧めです。