歯科治療の先端技術 CTスキャン

ホームへ戻る >  ホワイトニングの効果と費用  > 歯科治療の先端技術 CTスキャン

自分の口の中というものは、基本的に見えないものです。鏡を上手く使ってもごく一部が見えるのがせいぜいですので、なかなか口内の全体的な状況をつかむのは難しいものです。


しかし、インプラントにしても部分・総入れ歯にしても、現在の自分の口の中の状況が分からないのでは適切な処置がなんなのか判断付きませんし、処置を受ける際も不安です。もちろん、歯科医師はレントゲン写真などを使って一生懸命説明してくれるでしょうが、素人である患者がそれを理解するのは結構難しかったりします。


こういった要請を受けてか、この頃は口内用の部分CTスキャンが導入される歯科医も出てきました。CTスキャンで得たデータは、3D画像として出力できますので、素人でも非常に分かりやすく状況が把握できます。特に総入れ歯治療の場合、顎の骨の状態など、自分自身ではなかなか分からないことが重要になったりしますので、こういった設備の存在は有り難いものがあります。

近年は、総入れ歯をインプラント土台で固定する方法や、磁石を埋めこんで固定する方法なども出てきており、入れ歯作成とインプラント治療が近しい関係になりつつあります。インプラント治療を行う際には、顎の骨の状態などを正確に把握する必要がありますので、部分CTスキャンのような設備が果たす力は大きいと言えるでしょう。これからインプラントや部分・総入れ歯作成を考えている人は、CTスキャンが導入されている医院かどうかをひとつの基準にして捜してみるのも良いかもしれません。