一戸建てとスポット電化

ホームへ戻る >  注文住宅に役に立つ間取りプラン作成の知識  > 一戸建てとスポット電化

一戸建て住宅で従来ガス等を利用されている方も多いようです一戸建て住宅で従来ガス等を利用されている方も多いようです。昨今の世界情勢などによって、原油価格が高騰していく折り、毎月のように「プロパンガス料金価格改定のお知らせ」などが届きうんざりされている方も多いのではないでしょうか。オール電化とまでは行かないけれど、キッチンだけはIHクッキングヒーターを入れたい、エコキュートを入れて給湯システムだけでも電化したいとお考えの方、今が一戸建てのプチリフォームのタイミングかもしれません。

電力会社なども力を入れて提唱しているのですが、スポット電化を取り入れる方が増えてきています。給湯システムは深夜電力を利用して一日分のお湯を沸かし保温するので、灯油やガスを利用するよりかなりお得でエコにつながります。初期投資がかさんでしまうというデメリットがありますが、ガスや灯油を使っていたころと比較をするとスポット電化に変えるだけで経費がぐんと下がったことに驚かれる方も多いようです。ガスや灯油の集金や宅配などを利用する煩わしさも解決されますので、少しでも経費を減らしたい、火のもとを少しでも減らしたいと考えている方は、是非スポット電化を検討されると良いでしょう。


火のもとの問題としては、高齢者が一戸建て住宅に住まう割合が年々増えてきています。電気を利用することで、火事へのリスクを少しでも減らすことができます。お風呂に関しては自動お湯張り機能や、IHクッキングヒーターに関しては音声での案内もついている機種もありますし、切り忘れ防止の対策が講じられていますので、離れて暮らすご家族も安心でしょう。