注文住宅に役に立つ間取りプラン作成の知識

ホームへ戻る > 注文住宅に役に立つ間取りプラン作成の知識

木造住宅の屋上
仲介手数料とは
一戸建てとスポット電化
一戸建て、これだけはこだわりたい
家の購入

注文住宅注文住宅で家を建てようと考えている方にとって、部屋などの間取りを考える時間は楽しいものです。奥様にとってもダイニングやキッチンなど、どんな間取りにするか考えるだけでワクワクするものです。奥様だけでなくお子様も自分の部屋が持てるだけでも嬉しいものです。ただ限られた予算の中で、間取りを決めていくのは意外と難しいものです。いくら設計士が家を設計するといっても、注文住宅の場合は住む方の希望や考えがあった上で、それを形にしていくのが建築家や設計士の仕事です。


では注文住宅で家を建てようとする場合の間取りはどうように決めていけば良いのでしょうか?まず家の空間をいくつかのスペースに分けます。これはこれから住む家の生活空間を家の広さなどを考えながら、例えば家族が共同で使うスペースとか浴室などの水廻りスペースや家族のひとりひとりのプライベートスペースなど、家の空間をスペース別に大雑把に分けていきます。この時点ではあまり細かいことは考えなくて大丈夫です。

次にいくつかに分けて決めたそのスペースに、部屋の数や大きさや位置などを決めます。この時点では今は子供が一人でも、将来子供部屋まどは増えてもいいように部屋を仕切れるレイアウトにしたり、ダイニングとキッチンを一体化したりとか具体的なイメージで細かく配置やレイアウトを考えます。将来子供が進学や結婚などで家を出て行ったり、またご両親との同居や車椅子が必要になりかもしれません。最後は収納スペースです。どこに収納スペースを作るかは大事なことです。スペースだけではなく、収納は使い勝手も大切なポイントです。