自費診療と保険診療の違いを説明するシャイニー歯科

歯の治療費歯科での歯の治療費で1番私達が戸惑うのが、自費診療か保険診療かによって歯の治療費が大きく異なることです。自費診療が保険が効かなく高いのは分かりますが、どう違うかがよく理解できないのが本音だと思います。歯の治療に行った歯科で先生に自費診療を薦められたりすると、戸惑ったり不安に感じた方もいるかもしれません。歯の治療には先生と患者さんとの信頼関係が大事です。自費診療と保険診療がどうように違うのかをここで説明していきます。

私達の歯は毎日の食事をする上でとても大事なものです。また歯が悪いと食事をする時に不便なだけではなく、歯は私達の健康を維持するうえでも大切な役割を果たしています。本当は自費診療か保険診療かではなく、何が歯の治療を行なうえで大事なのかを患者さんは知りたいのだと思います。決して安い高いだけで、自費診療か保険診療かを判断しているのではないはずです。少し高くても納得すれば自費診療を選ぶ方も多いと思います。もちろん保険が効く保険診療で歯の治療をやって欲しいという患者さんも当然います。


自費診療の場合は、保険では使えないような材料を使ったり、特別な治療方法ですから歯の治療が高くなるのは仕方がないことです。もし疑問に思ったり、歯科の先生に自費診療を勧められた場合には、保険で治療した場合と違い、きちんと説明してもらうことが重要です。そのうえで自費診療にするか保険診療にするかを決めるのは患者さん自身です。いくら自費診療で歯の治療を行なっても、治療後にその歯が悪くならないという保証などはないからです。